3月 15

OneRoom 第10話

 

OneRoom第10話です。

売り込む萌香ちゃん。

第10話「青島萌香は悩んでる」

デモディスクというやつっぽい。

萌香「(がんばれ)」

リゲル新人賞という文学賞の二次審査を通過したっぽい!

萌香「二次審査通過」

自分の事のように喜んでくれます。

萌香「おめでとう♪」

萌香「ふっふっふ~♪」

萌香「お祝いの準備は」

萌香「バッチリだぜ♪」

萌香「あとはね~」

萌香「こ~んなのもありま~す♪」

ギシアン。

萌香「あっ…ちょ…もう…」

萌香「負けたああ」

萌香「もう一回、もう一回」

萌香「言っとくけど私が勝つまでやめないからね!」

萌香「ぷはぁ~~♪」

萌香「でさー」

萌香「ディレクターさんに言われるのよ。君にはなんかこう…色気がない!とか」

萌香「なにそれ!ねー!」

萌香「恋愛経験ある?とか聞いてくるの。お子様扱いされてるみたいでさー」

萌香「そりゃあ…ないけどさ」

萌香「……シミュレーションしてみよっか」

かわえええええええ!

そのまま萌香ちゃんも食べたい。

萌香「はい、あ~ん♪」

萌香「ん~~、もっとこう、イチャつく感じかな?」

並んでくっついて座ってみた。

萌香「あは、あはははは。これは思ったよりだいぶ近いね」

萌香「ええと、続くのかな」

萌香「ほんとだ」

萌香「ごめん。なんか私ホントに楽しくて」

萌香「新曲作ったんだけどお断りされちゃってさ」

萌香「自信あったんだけどいまいちだったみたい」

萌香「本当にごめん。今日は君の事お祝いしたかったのにすぐ弱気になっちゃって」

萌香「君にも迷惑かけっぱなしだよね」

萌香「うん」

萌香「ありがと」

萌香「だけど」

萌香「このままじゃダメだってわかってる」

萌香「この新曲を売り込んで」

萌香「売り込んで」

萌香「それでもダメだったら」

萌香「諦めるよ」

そんな第10話でした。

いつまでも今のままじゃいられないことは分かってる萌香ちゃん。

そろそろ決断の時が来ています。

 

あれだけ可愛くて、いいカラダをしていれば話題になりそうだけどね。

てか、あのカラダで色気がないとか言われたのか…。


 この記事のトラックバックURL:
 http://www.anime-graffiti.com/20170315-oneroom10/trackback/

2 pings

  1. One Room 第10話「青島萌香は悩んでる」感想 胸のお饅頭もあーん♥させて欲しいのだ。

    萌香ちゃん励ましてもらいたかったんかな。
    夢に向かって進む二人の明暗が、彼女を人恋しくしてしまったのかもしれない。

    彼の応募した作品が新人賞の二次審査を通過したこと…

  2. アニメまとめてプチ感想(メイドラゴン・ねこねこ日本史・One Room)

    小林さんちのメイドラゴン 第10話
    老人会のクリスマス催し、代打出場のトールちゃんたち。
    演劇をすることにけってーい!
    かなりカオスな内容になりましたが^^;
    喜んでもらえたの…

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)