«

»

12月 30

ご注文はうさぎですか?? 第12話

 

ご注文はうさぎですか??第12話です。

山の次は街を冒険します。

デデン。

山に行ったときの写真ができあがりました。

よく撮れてますね。

撮ったのはチノちゃんですw

あらあら?

ココア「このステキなお嬢さんは誰かな?」

シャロ「ココアでしょ」

自分が信じられない様子w

山に行ってからというもの、チノちゃんは写真にハマってしまったようです。

テーマは自然体らしいけど…リゼちゃんはポーズをとってますw

自然体という感じは全くない。

ぷっぷくぷー♪

談笑しているところを撮ります。

邪魔をするココアちゃんに激おこ。

ココアちゃんの撮る写真はこういうのばっかりです。

写真を撮るチノちゃんを撮ります。

どんどん後ろから撮ってますw

それを正面から見るとなかなか面白い写真になりました。

さて、なぜチノちゃんが突然自然体の写真などと言い出したのか…。

おねーさんたちは気になりますよ!

カメラを向けられると変顔をしてしまうw

掃除をしていたらココアちゃんは地図を見つけてしまいました。

シストというちょっとした遊びらしい。

この街ではみんな子どものころに体験するっぽい。

ココアちゃんは当然ながらやったことがありません。

チノちゃんの提案でチマメ隊とココアちゃんでやってみることになりました♪

あっという間に笑顔です。

そして休日。

一番張り切ってるな。

こちらがみんなが持ってきた宝物です。

ココア「いいねいいね!どれも冒険心をくすぐられるよ!」

ちなみにココアちゃんが持ってきたのはティッピーの抜け毛から作った分身w

どうやらチマメ隊はまだシストをクリアしたことがないようです。

ちなみに最初にシストに挑戦した頃の思い出は…

中学に上がってすぐの頃です。

自己紹介でチノちゃんはバリスタになるのが夢だと言いました。

マヤちゃんは武器のほうのバリスタと勘違いw

早速声をかけてみます。

バリスタを強引に仲間にしました!w

さて、こちらがシストの鍵になります。

ここから導き出されるのは…?

チノちゃんはわかったようです。有名な帽子屋さんがあるっぽい。

ココア「甘兎庵であんみつ食べろってことだね!」

マメの2人はココアちゃんの推理に賛成w

チノ「ココアさんがいかに甘い考えか証明してあげます!」

ここは昔チマメ隊が来たことがある地点です。

当時はチノちゃんが魔法で道を切り開いてくれたらしいw

チノ「これがバリスタの力!」

チノ「ねつ造です」

チノ「マヤさんたちはいつも適当なことを言って脱線ばっかり」

ココア「この街って本当に綺麗だよね」

チノ「そうですね」

ココア「寄り道したくなる場所ばっかりだし」

チノ「そうですね」

ココア「寄り道するとそれだけたくさん遊べるよね」

ココア「もしかしてチノちゃんと会った頃の2人はもっと仲良くなりたくて脱線ばかりしてたのかな♪」

ココア「そう…っ!」

今度はみんなでクリアしないとね。

ここがチノちゃんが推理した場所です。

宝箱がありました!

なでなで♪

何も入ってない…。

ココア「ねえ。ここまでの道のりを覚えてる? たくさんのものを愛して、ちょっぴり憎んで。魂に刻まれた思い出と絆。それが宝だよ!」

ココアちゃん空振りw

チノ「側面に新しい地図がくっついてました」

小さい穴です。

チマメ隊が通れました。

ココアちゃんは無理っぽい。

なかなか神聖な場所です。

ありました。

宝物が入ってました。

甘兎庵w

マヤ「今日の宝探しは昔より楽しんでたよね」

メグ「ココアちゃんのおかげなのかな」

マヤ・メグ「ちょっと妬いたよ」

むぎゅううう♪

ここでマメの2人からチノちゃんに提案があります♪

小さな穴があったのでココアちゃんはシストをクリアできませんでした。

ココア「シストまたやりたいな。あとでチノちゃんに相談してみよう」

チノちゃんは写真を選んでいるようです。

面白写真が多いです。

ココア「チーノちゃん」

ココア「チノちゃん」

ココア「私のせいでそんな写真ばかりになっちゃってごめんね」

チノ「別に怒ってたわけでは」

ココア「チノちゃんの理想は…」

ココア「このお姉さんだよね!」

チノ「それもココアさんじゃないですか」

ココア「私まだまだだな。全然チノちゃんにふさわしいお姉ちゃんになれてない」

ココア「もっとこの写真みたいに大人っぽかったらチノちゃんの自慢の姉になれてる気がするんだけど」

ココア「今の私じゃ自慢にもならないよね」

チノ「私は!ココアさんがこの街に来て良かったと思ってますが!ココアさんのばか!」

ココア「やったな!」

チノ「なんでいつも勝手に決めつけて!」

ココア「えへへ♪」

チノちゃんが自然体の写真を撮っていたのはモカお姉ちゃんがチノちゃんに普通の写真をリクエストしたかららしいw

チマメ隊が何かをたくらんでいるようです。

チマメ隊が宝物を隠しました♪

割引券はちゃんと使わないとねw

ラブレター!?

チノ「今度は私が留守番しますので」

リゼ「挑戦状だな!」

ココア「受けて立つよ!」

手紙が届いたようです。

ココアママ。

とってもうれしそうw

あら?

モカ「これ、誰?」

ココアママ「あなたの妹よ?」

モカ「マイシスター!?」

ココア「お姉ちゃん久しぶり。元気ですか。お姉ちゃんに大事なお知らせがあります」

モカ「何かな」

ココア「私からナイショでチノちゃんをとろうとしたので1か月お姉ちゃんとは文通しません!」

モカ「そんなつもりないのにーー!」

EDは1期の映像が入ってました。

シストが終わったあとのようです。

みんなで宝物を披露します。

こちらはリゼちゃんが見つけてきた宝物です。

千夜ちゃんです。

シャロちゃん。

何か紙が挟まれてあります。

ブルマからの地図でした。

もう一度遊べますね♪

ココアちゃんはこれ。

自分の写真でしたw

ココア「ミー?」

ココア「私が宝ってことだよね。チノちゃん?」

あら?

チノ「お店をもっと盛り上げないと」

ココア「おねえちゃんにまかせなさい」

チノ「うん」

ココア「!」

チノ「ココアさん、私寝てました?」

ココア「そう?」

チノ「何か声が聞こえたような」

ココア「何も言ってないよ」

第12羽「宝物は君の決定的瞬間」

そんな第12話でした。

最後はココアちゃんとチノちゃんが持っていきましたね。


この記事のトラックバックURL:
http://www.anime-graffiti.com/20151230-gochiusa12/trackback/

1 ping

  1. ボヘミアンな京都住まい

    ご注文はうさぎですか?? 第10羽「Eを探す日常」、第11羽「スターダスト・マイムマイム」、第12羽「宝物は君の決定的瞬間」

    多忙に任せて更新を疎かにしていたら、いつの間にか最終話になってたでござる(苦笑)。 珍しく街から出るシチュエーションがあったと思ったら、なぜかミドルティーンの女の子たち…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)