«

»

12月 15

ゆるゆり さん☆ハイ! 第11話

 

ゆるゆり さん☆ハイ!第11話です。

さすちな!

 

体育でバレーをしているようです。

授業終わり。

おっぱい!

京子と千歳が片づけをすることになりました。

2人は先に着替えることに。

第11話「どうあがいても土壺」

話題がない…

無難にいくなら天気の話題。

綾乃「寒いのはもうこりごり五稜郭ね」

結衣「www」

結衣「www……ふぅ」

綾乃「ため息!?」

綾乃「(空気悪くしちゃったかしら)」

綾乃「今年の桜は開花が早いんですって」

結衣「そうなのかぶらずし」

綾乃「www」

結衣「ごめん。今のはなかったことに白エビ」

綾乃「www」

綾乃「今の面白エビ」

体操服にほつれがあります。

綾乃「まだ2年なのにもうボロボロボロブドゥールね」

連発ですw

綾乃「頭がガンガンガンジス川で」

綾乃「びっくりビッグサイトだったわよ」

結衣の制服のボタンがとれかかっています。

綾乃「早く縫わないと!」

結衣「そうしたいのはやまやま富山ブラック」

綾乃「なんでもないの」

結衣「(泣かせたーーー)」

お互いを誤解しまくってますね。

綾乃「(船見さんって笑いのレベルが高いのね)」

結衣「(まさか富山ブラックで?)」

はぁ…

京子「5分で終わらせてきたぜ」

………

長い5分だった…。

ちなみに放送時間もここまでで5分でした。

京子は眠い。

結衣の飲んでいるこちらのお茶はちなつちゃんが用意してくれたようです。

大好評です。

明日も飲みたいっぽい!

ちなつちゃんの時代がきたかな?

翌日、こんなことにw

休むわけにはいきません!

さすちな劇場です!

うまいw

ちなつちゃん的にはスランプらしいけど。

残りわずかの時間で2点リードされています。

ちなつちゃんが逆転の3点シュート♪

かなりハイレベルの料理を作っていますw

英語の発音もうまいw

なぜか記憶力が上がってる?w

さすちな!

そして放課後。

結衣にお茶を入れるためにここまで頑張ったのです。

結衣は一足先に部室にきました。

結衣の好きなゲームの新作が出るっぽい。

楽しみ♪

柄にもなくスキップをしていたら小指をぶつけて悶絶w

綾乃「歳納京子!」

綾乃「(泣いてる!)」

結衣「(見られたーーー)」

綾乃「どうしたの!何かあったの?」

結衣「心配しないで」

綾乃「(嘘よ。泣いてたもの)」

結衣「(どうしよう。浮かれてスキップして足の小指をぶつけたなんて恥ずかしくて言えない)」

優しく寄り添う綾乃w

ありがた迷惑?w

甘いものを食べればよいということで綾乃はプリンを買いに行きました。

綾乃と入れかわるように京子が到着。綾乃から逃げてたっぽいねw

結衣から黒いオーラが出てますw

結衣は浮かれてスキップしたあたりのことは伏せて京子に話してますw

京子「はっきりしないがつまりいろいろあって綾乃にいらん心配をかけてしまった。でも事情が恥ずかしくて言いづらいので説明に困っている」

結衣「理解が早くて助かる」

京子「そしてこれ以上余計な心配をかけないように私からうまくごまかしてほしいんだな♪」

京子「まかせろ!」

結衣「違う!」

で、京子は綾乃に話してくれました。

綾乃「自分の鼻を叩いて涙を出す趣味があったなんて」

京子「世の中にはいろんな趣味の人がいるからな」

結衣「ちょっと待て。それじゃただの変態じゃないか」

ここに至って、ついに結衣は本当のことを話します。

結衣「実はさっきちょっと嬉しいことがあって柄にもなくスキップしてたら足の小指をぶつけて…」

京子「結衣がスキップ!?」

綾乃「船見さんがはしゃいで!?」

恥ずかしい…w

結衣「恥ずかしいーーー!だから言いたくなかったんだ!」

結衣「もう死ぬ!」

追い打ちをかけるように結衣の周りをスキップする2人w

そこへあかりとちなつが到着。

スキップする2人を前にして力尽きたちなつちゃんでした。

ちなつちゃんを送り届けました。

綾乃からプリンの差し入れです。

結衣とあかりは買い出しに行きました。

京子「元気になるまで無理しちゃダメだからね」

京子「ちなつちゃんが部活に来ないと寂しいけど元気なのが一番だからね」

結衣「ちなつちゃんが部活こないと寂しいけど」

結衣「元気なちなつちゃんが」

結衣「一番だからね」

1日で元気になりましたw

結衣が好きだと言ってくれたお茶はジョッキでw

花見しよう!

花見の準備をしています。

結衣と向日葵ちゃんはお弁当の担当です。

こちらの3人はパーティグッズの担当。

ちなつちゃんが熱弁します。

ナースちーなです♪

ちなつ「急性ちな中毒です」

結衣「プリーズちな注射」

綾乃「(すごい想像力)」

想像力ならこっちも負けてませんw

嘘発見器です。

綾乃がやってみます。

千歳「綾乃ちゃんは歳納さんとキスがしたい」

綾乃「…いいえ…」

電流がビリっと♪

あらあら♪

こちらの2人は出し物担当です。

良い案が思い浮かんだようです。

櫻子「2人で一生懸命考えればいいんじゃないかな」

何の意味もない案でしたw

そしてお花見の日です。晴れました。

何か寝てます。

京子でしたw

昨日からずっとここにいたらしいw

ドヤァ♪

他の花見客はいません。

昨日から場所取りする必要はないような…w

京子が楽しそうだからいいかなw

そんな第11話でした。

さすちなメインかと思いますが、個人的には恥ずかしい結衣が楽しかったですね。

京子と綾乃にスキップで煽られるシーンは特にw

次回は「満開桜に浪漫の嵐」


この記事のトラックバックURL:
http://www.anime-graffiti.com/20151215-yryr11/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)