«

»

10月 08

ガールズ&パンツァー 劇場版(8) 戦場は遊園地

 

ガールズ&パンツァー劇場版です。

窮地を脱したみぽりん達は大学選抜チームを遊園地で迎え撃ちます。

優花里「BT-42、パンター2両、T-34、IS-2、KV-2、チハ新旧1両ずつ、合計8両が撃破されました」

沙織「でもでも、こっちはカールとパーシング5両を撃破したよ」

華「これで22対24ですね」

沙織「ずいぶん減ったね」

麻子「いや、よく持ちこたえたほうだ」

優花里「継続さんが頑張ってくれましたよね」

アンチョビ「うちもな!」

優花里「もちろんです!」

カルパッチョ「バレー部さんと会長さんたちのおかげです」

絹代「西住さん、我が校は2両も戦列を離れてしまい誠に申し訳ございません」

みほ「いえいえ」

…たぶん2両で済んでよかったと思ってるw

殿は難しいですね。

カチューシャ「うちはカチューシャだけになっちゃった…」

ダージリン「大丈夫。まだあなたが残ってるわ、カチューシャ」

カチューシャ「分かってるわよ!」

みほ「すみません、私の責任です。互角にもちこめると思ったんですけど」

まほ「定石通りやりすぎたな。らしくもない」

まほ「みほの戦いをすればいいんだ」

みほ「!」

ケイ「ここからの作戦は? 大隊長」

みほ「局地戦に持ち込んで個々の特徴を生かしてチームワークで戦いましょう」

エリカ「急造チームでチームワーク?w」

エリカちゃんはぐぬぬシーンが多い気がする…w

まほ「急造でもチームはチームだ。互いに足りないところを補いあって戦うしかない」

エリカ「…」

ひまわりチームはほぼ壊滅状態ですからね。

みほ「チームを再編成してあそこを目指します。あの中だと遭遇戦がやりやすくなります」

行先には建物が見えます。

みぽりんとか大洗のメンバーは開けた場所よりも市街戦のほうが得意なイメージがありますね。

みほ「パンツァー・フォー」

遊園地です。閉鎖されたのかな?

いろいろアトラクションがあって仕掛けには困らなさそう。

ものは言いようですねw

玉田「こんなへんぴなところまで撤退するとは」

絹代「違う玉田。これは転進だ」

玉田「なるほど!転進ですか」

でっかい観覧車があります。

ダージリン「面白い戦いになりそうね」

アッサム「お言葉ですがデータの上では厳しい戦いになりそうです」

オレンジペコ「覚悟の上じゃないですか」

ダージリン「運命は浮気者。不利なほうが負けるとは限らないわ。ね、隊長?」

みほ「はい。私たちは私たちにできる戦いをしましょう」

各車、静かに闘志を燃やしています。

あや「私たちにできる戦い」

梓「なんだろう」

知波単の得意技かもしれませんけどねw

絹代「突撃…? いや違う」

遊園地に向かっているのを確認しました。

ルミ「全軍遊園地跡に移動」

大学選抜チームも移動をはじめました。

ずいぶん土煙が立っていますが…。

相手の動きをみています。

配置完了っぽい。

まほ「南正門入口、配置完了」

絹代「西裏門、こちらも配置済みであります」

ダージリン「東通用門、こちらも固めたわ」

ナカジマ「中央広場、あと3分で整備終わるよ」

ずいぶん急角度だが…。

ジェットコースターのコースを登っています。

小さいので偵察にはもってこいですね。

しかもこちらの方向は壁があるのでさらに見えにくい。

アンチョビ「敵は南正門にまとまって進撃中」

測距義というやつかな。

みほ「第1陣は南正門に移動してください」

中央広場にいた戦車が遊撃隊になるみたいですね。

各チームの配置を記録しています。

ペパロニ「ずいぶんかっ飛ばしてますねー」

アンチョビ「あえて大げさに土煙をたてるように走って威圧感を出そうとしてるのかもしれないな」

南正門に火力の高い戦車を集めました。

三突とかヘッツァーは待ち伏せは得意です。

みほ「戦闘準備」

梓「来るよ。みんな落ち着いてね」

まほ「撃て!」

双眼鏡は1個だけなのかな? それとも双眼鏡は3つあるけどペパロニちゃんとカルパッチョちゃんは全体を見回す役ということかな?

アンチョビ「全然見えないぞ」

カルパッチョ「でも変ですね。雨があがって間もないのにあんなに土煙…」

相手の砲撃が少ない…?

まほちゃんは気づいたようです。

エリカちゃんもたぶん気づいてる。

アンチョビ「これは土煙じゃないぞ!」

アンチョビ「くそっ、騙された!隊長、陽動作戦だ!あの煙は煙幕だ!」

みぽりんは西裏門に応援を派遣します。

みほ「西裏門の西さん、敵が回り込もうとしています」

みぽりんは敵がここに回り込んでくると予想しています。

みほ「戦闘準備お願いします」

絹代「かしこまりました」

細見「よーし、敵が見えたら全力で突っ込んでやる」

玉田「知波単名物、総突撃!」

福田「恐れながら申し上げます!」

あ、気付いちゃった? それはそれで知波単らしくなくて面白くないようなw

福田「いたずらに突撃して全滅してはそれこそ知波単の面目に関わるかと」

細見「なんだと!」

玉田「伝統をないがしろにする気か!」

絹代「まあ待て」

絹代「福田、何か策があるのだな?」

こちらは聖グロリアーナが固めていた東通用門です。

ローズヒップちゃんのクルセイダーが突っ込んでいきます。

なんか知波単が言いそうなセリフですw

ローズヒップ「いざ尋常に勝負!」

ダー様が珍しく慌てた様子で帰還させてます。

ダージリン「戻りなさい、ローズヒップ!」

履帯が太い。

これらしい。

超重戦車だそうです。

T-28重戦車を先頭に進んでいきます。

狭い場所でこれをやられると厳しいですね…。

応戦するものの相手の装甲を抜けない。

アンチョビちゃん達は真上にいます。

アンチョビ「こちらドゥーチェ、こりゃ間違いなくこっちが主力だぞ!」

みほ「サンダースのみなさん東通用門に向かってください」

南正門にいた戦車もいくつかを東通用門に向かわせます。

オレンジペコ「まるでジャバウォッキーですね」

ダージリン「というよりバンダースナッチね」

T-28が見えてきました。押し込まれそうです…。

ダージリン「2ブロック後退」

メグミ「こちらメグミ中隊。東通用門突破」

愛里寿ちゃんは指揮に専念しているようです。

南正門です。

カチューシャ「4両しかいないわね。私たちを引きつけておくだけみたいだけど」

カチューシャちゃんの意図を理解したようです。パーシング4両なら正面からぶつかってもいけるということですね。

まほ「わかった。行こう」

エリカちゃん嬉しそうw

まほ「エリカ頼む」

エリカ「はい♪」

エリカちゃんを先頭に討って出ます!

エリカ、まほ、カチューシャがそれぞれ1両ずつ撃破しました。

こちらは西裏門です。

知波単の戦車がいたはずだが…?

一列になって進撃しています。

水面が跳ねました。

上から撃ったようです。

敵の注意を上にいる戦車に引きつけておいて…

水面から攻撃です!

先頭の履帯を破壊して動きを止めてから至近距離で攻撃、撃破です!

絹代「玉田よくやった!」

正面から撃ちあったら勝てないので撤退します。すごい言葉を使ってます。素直に撤退とは言いたくないみたいですねw

絹代「後退的前進!」

各個撃破されないように気を付けましょう。

相手の動きを見た愛里寿ちゃん、作戦を変更します。

愛里寿「分散がイヤなら望み通りにしてやろう」

あ…w

ガマンしきれませんでした…。

絹代「しまった!撤退的前進!」

こちらはT-28重戦車。

押される一方です。

ダージリン「気を付けて、挟まれるわよ」

分散されないように集団で動いていきます。

状況を感じる能力はさすがですね。

まほ「こちら正門チーム。チャーフィーの動きに仕組まれた何かを感じる。通用門組は注意せよ」

ダージリン「こちら最後尾。追尾攻撃は散発的。妙ね」

移動の途中でパーシングを2両撃破しています。

アキ「すごい!パーシングを立て続けに撃破したよ!みんな頑張ってるね!」

ミカ「頑張ればいいってもんじゃない」

アキ「なんでそんなにひねくれたことばっかり言うのよ」

ミカ「よーく見てごらん?」

アキ「ん?」

各戦車の位置をマッピングしていた沙織ちゃん達も気付いたようです。

華「これまずくないですか?」

沙織「みぽりん!」

ペパロニ「やっべぇ」

アンチョビ「ダメだダメだ!そっちはダメだぞ!」

あ…。

完全に囲まれてしまいました。

カルパッチョ「通用門組がYO地点にて包囲されようとしています」

みぽりんも慌てて救援に向かいます。

みぽりんは他の部隊にも救援に行くよう指示を出します。

みほ「包囲網の完成を阻止してください」

迷っちゃったウサギさんチーム。

綺麗に包囲されてますねー。

救援に来ました!

絹代「突っ込め!」

あらあら…。

知波単の4両はそのまま包囲網の中に入っただけでしたw

まほ、エリカ、カチューシャの3人は相手の攻撃にくぎ付けになっています。

アズミ「包囲完了」

メグミ「一方的すぎて心苦しいわ」

ルミ「あとは私たちにまかせてください!」

優季「先輩達、囲まれてない?」

つんつん。

紗希ちゃんの視線の先には…?

ちょうちょ…じゃなくて観覧車。

梓「観覧車!」

仕込みに向かいます。

梓「ミフネ作戦いきます!撃て!」

支柱が外れました!

もうちょっとで潰されそうになってたのはご愛嬌ですw

ルミ「なんだ?」

観覧車が転がってきます!

よく避けましたねw

ナオミちゃんが観覧車を後ろから砲撃して勢いをつけてます。

その間に包囲網を脱出しました!

みほ「相手がほぼ園内に侵入したのでプランFで戦います」

アンチョビ「GPS役ならまかせとけ!」

各地に分散していきます。

アレは…?

ナカジマ「今は逃げるときだよカチューシャ」

カチューシャ「呼び捨てにしないでよ!」

ツチヤ「じゃあカっちゃん!」

カチューシャ「なに略してんの!」

ねこにゃー「いいからカっちゃん急ぐぞよ」

カチューシャ「逃げるならあんたたちだけ逃げなさい」

スズキ「力むなよ」

ナカジマ「戦うのはみんなで、だよ」

ももがー「ノンナさんたちはいなくなったもも」

ぴよたん「私たちがいるぴよ」

ねこにゃー「今は同じチームだにゃ」

ナカジマ「そうそう」

絹代「大洗の荒廃、この一戦にあり!各員一層奮励努力せよ!」

ヘッツァーとIV号は迷路にきています。

フードコートっぽい雰囲気。

相手が追ってきています。

壁から砲撃されました。

三突の得意技です。

西部劇の舞台になりそう。

三突がさらにもう1両撃破しました!

素晴らしいですね!

建物があるものの両側から挟まれています。

戦車の砲弾的には建物は壁にはならないっぽい。

自動車部が1両撃破!

カチューシャちゃんが1両撃破!

ネトゲチームも活躍しています!

砲弾を軽々と扱うとはすごい筋力ですねw

ちょっと調べてみたところ6kgくらいあるっぽい。

迷路です。

壁は植物だから貫通できそうですけど味方に当たる可能性があるから撃たないということかな?

知波単学園たちは室内のアトラクションに来ています。

本家アヒルさんチームもいます。

細かく動いて相手の的を絞らせないようにしないと。

くっついたら撃っても当たりません。

砲身の長さの関係で知波単のほうは撃ったら当たる。

格上をどんどん撃破していきます。

福田「アヒル殿、次はどうしたら?」

典子「天井からのナックルサーブでダブルブロックからの近距離スパイク!」

屋外へ。

これがナックルサーブらしい。

追ってきました。

砲身が地面に刺さらないように砲塔を回しています。

回した砲塔を2両で挟みます。

これがダブルブロックですね。

典子「根性で押せ!」

福田「はい!」

典子「どうだ!」

妙子「やっぱり意味ないと思いますよ」

細見「細見参ります!」

砲塔と車体の間をしっかり狙って…

近距離スパイクです。

やりました。

砲塔の旋回はできないと思ったが…

誤射してます。

ルミ「気をつけろ!」

ルミ「こちらを見通しているかのような動きだ。天性の勘なのか? ならば袋小路に追い詰めるか」

うまくIV号を追い詰めたが…ヘッツァーに横から撃たれました。

砲弾は貫通するけど敵車両はほとんど見えてないはず。

この状況で当てるのは驚異的です。

ルミちゃんも疑問に思ったようで周りを見回しています。

ルミ「なぜだ。勘がいいってレベルじゃないぞ……あ!」

ルミ「あいつらが!」

アンチョビちゃんの立ち方がちょっとカッコいいw

みぽりんの作戦通りに各個撃破されていく大学選抜の戦車。

形勢が逆転したように見えるが愛里寿ちゃんはどうする?

さて次は、これまで指揮に専念していた愛里寿ちゃんが動き出します。

つづく→http://www.anime-graffiti.com/20161008-gpm09/


この記事のトラックバックURL:
http://www.anime-graffiti.com/20161008-gpm08/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)